敏感期

2019.07.16 Tuesday 02:36
0

    JUGEMテーマ:子育て情報

     

    とにかく、うちは色の敏感期が長く長く続いた。

     

    最初は、取ってきた野の花を一つづつ家で描いていた。3才の頃だったか。

     

    家にあった、オレンジの表紙の植物図鑑をまるで宝物のように嬉しそうに、一枚づつ開いて、100均のメモパッドに描いた。

     

    描き始めると、食事もおろそかになり、3時間はそれが続く。

     

    食事が冷めても、その描きたい衝動を大切にした。

     

    分厚いメモパッドが一週間もせずなくなったので、こんどは、A4サイズの落書き帳を与えた。

     

    それも、瞬く間に3冊なくなったので、キャンバスを用意した。

     

    キャンバスは、よく色が乗る。

     

    本当に、感動していた。

     

    園だけではなく、家庭でも敏感期を大いに過ごすことは、本当に大切な時間であり、成長の最短距離であると思う。

     

    虹は、何枚も描いた。

     

    大きなお空が、あんなにいろんな色に彩られるのは、色の敏感期のairiにはたまらなく感動する出来事だったのだろう。

    category:お仕事 | by:イリナの母たちcomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2019.07.21 Sunday 02:36
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         

      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      PR
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM